HOME > 海洋事業部
弊社は平成3年11月創立以来、日本全国各地の海底ケーブルのルート調査、敷設、埋設工事、撤去工事を手がけて参りました。

海底ケーブル工事は、海気象、潮流、海底の状況等々を勘案しながら行われる為多くの経験がものをいいます。
弊社は創業平成3年ですが工事に携わる技術者は、この道30年以上のベテランが多数従事しており、これまで施工した海底ケーブル工事は1件の事故もなく安定した状況で使用されております。

弊社の工事の様子を何枚かの写真でご紹介します。(順不同)
ケーブル陸揚げ工事
本船をアンカーで固定し、陸揚げ開始。
ロープにケーブルをしばり、陸上のウィンチで巻きあげます。
ケーブルの敷設
潮流、海深により船の進路、スピードを考慮しながら操船。
ケーブルを繰り出しながら進みます。
敷設中の全景です。
ダイバー船や警戒船もいます。
ケーブル打って返し
対岸に到達、本船をアンカーで固定。
ケーブルをひっくり返し、終端を取り出し、陸揚げを行います。
ケーブル陸揚げ工事
ロープにケーブルをしばりバルーンブイを取り付け、陸上のウィンチで巻き取ります。
浅海部防護用鋳鉄管の取付工事
浅海部はケーブルが損傷を受けやすいため、鋳鉄管を覆せケーブルを防護します。